ロンドンの日系病院に予約!

今日は何だか、様々な所用でバタバタと忙しく(転送届とか携帯電話の手続きとか)、さらに、22時以降、ロンドンのお目当ての日系病院で無料相談の時間があるので、国際電話をした後、まだ会社に残っているダディに電話したり・・で、あっという間に日付も変わってしまいました」~

ダディまだ帰らずなので、寝る前にちょこっと、一息ついて(喋って 笑)、寝ようと思います。
勿論、かのたん、ゴーゴー夢の中


今日の?忙しさハイライトは、何と言っても出国前ではありますが、ロンドンのお目当ての日系病院に、渡英後、すぐに予約を入れたこと。適当に、婦人科系の内容で、予約を入れました(苦笑)。

乳幼児連れていると、いつ何時、何が起こるか分からないので、目当てとする病院がどういう場所にあって、どういう雰囲気で、どういう手順で、診察・会計などされるのか?事前にリサーチしておきたいという気持ちがありまして。

医療制度も、日本とは全然違うんですよね。
まずは、GPというホームドクターにかかってから(一般医)、紹介状がない、次のステップ専門医には見てもらえないということ。 皮膚科も、まずは一般医→その後、皮膚科の専門の先生が来ている日に予約アレンジ、みたいに言われました。

次には、国営&プライベートの医療制度の違い。分かりやすく言えば、国営はタダで、プライベートは自費。結構高いです。日系の病院はプライベートにあたり、医療費がかかります。そのため、

旅行保険に予め、2年間加入しました。 プライベート診療の治療費は、産婦人科をのぞき、ほぼ、ここから出ます。その為、旅行保険だけで100万近く支払ったのですが(汗)、問題は、保険なので、確実に保険がおりる、という訳ではないということ。

日本にいる間に発症している病気については、基本的に×。旅行先で初めてかかったもののみが保険対象。
ですから、とってもその、かかり方が難しいんです。「いかに、初めて発症した」というかどうか。 例えば、にゃにゃこの頭皮トラブルは、保険対象外になってしまうわけです。(日本で発症しているから)

かと言って、タダの国営医療は、GP登録にも時間がかかるようだし、当然、英語だし、タダのものはタダのもののサービス、になるので、きめ細かく日本語で説明し受診したければ日系病院になり、それは医療費かかる~^て訳です

それで、病院見学かねて、渡英後、予約は入れたものの>、婦人科系の不調を、いかに初めてのように言うか??? そんなことを、病院の反応からダディと話していたんですよね~。

海外生活、一から色々勉強になりそうです~~~
ま、とりあえず予約できたから、一歩前進かな?すぐににゃにゃこのワクチンも予約しなければならないので。

明日も頑張ろう(^^)/ と自分に言い聞かせ、おやすみなさい~♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

双子ちゃんママ
2013年06月28日 08:20
異国で病院にかかることがそんなに大変だとは思わなかったよたらーっ(汗)日本の健康保険制度は保険料は高いけどいいほうなのかな?単純には比べられないけど冷や汗2
2年間元気に過ごせるといいね手(チョキ)ふぁいとウィンク
かのマム
2013年06月28日 10:25
ありがとう!!慣れれば当たり前になるのかもしれないけど、慣れるまで制度自体に(GP→専門医)に戸惑います。日本の健康保険は本当に有難いと思ったよ。ちなみに、旅行保険では、ワクチン・健診・妊娠関係・歯科は最初から保険対象外なので、歯医者などは日本にいる間に、必死にいったよ~(汗 薬もたっぷり持参します(^^)
noraneko
2013年06月28日 12:09
引越だけでも大変なのに、色々な制度が日本とは違うから慣れるまで大変だね。マムさん、ふぁいと!
miwa
2013年07月01日 11:55
医療制度に関して日本だけみたいよ。貧富の差がなく診察して貰えるのは。まず、医者が処方した薬というか手術に使用する薬を薬局で購入してからでないと手術して貰えない国もあるらしい。にゃにゃちゃんのために頑張って。